超音波の基礎原理を学ぼう!

音響陰影

殆ど全ての超音波が反射を起こすような音響インピーダンスに差がある組織境界面より後方には超音波が透過できない。この部分にできる無エコー域を音響陰影(Acoustic shadow)という。

AS

(胆嚢結石とその後方にみられる音響陰影)


後方エコー増強

一方、超音波の減衰や反射の少ない組織や減衰・反射の起こらない部位の後方には輝度の高い領域ができる。この高輝度域は後方エコー増強(PEE:posterior echo enhancement)といわれる。ある種の腫瘍で観察されることがあるため、腫瘍の鑑別に役立つケースがある。検査の目的とする部位にPEEがみられる場合はノイズを除去してから観察するとよい。

PEE

(腎嚢胞とposterior echo enhancement)


関連ページ

サイドローブアーチファクト
サイドローブアーチファクト:医用超音波の基礎工学を簡単に解説するサイトです。超音波検査の原理や装置の仕組みについての説明。
鏡面反射(ミラーイメージ)
ミラーイメージ:医用超音波の基礎工学を簡単に解説するサイトです。超音波検査の原理や装置の仕組みについての説明。
アーチファクト 多重反射
多重反射によるアーチファクト:医用超音波の基礎工学を簡単に解説するサイトです。超音波検査の原理や装置の仕組みについての説明。
屈折によるアーチファクト
屈折が影響するアーチファクト:医用超音波の基礎工学を簡単に解説するサイトです。超音波検査の原理や装置の仕組みについての説明。