超音波の基礎原理を学ぼう!

移動速度と偏移周波数の関係がわかりません

Q:移動速度と偏移周波数の関係がわかりません

 

A:音源が観測者に対して(向かってくる、または遠ざかる方向へ)移動している時、観測者からは、実際に出している音波と異なる周波数の音波として観測されます。これがドップラー効果です。超音波診断では、このドプラ効果を利用して移動しているモノ(主に血流)を評価します。ドプラ法です。血流を評価しようとする場合、対象は赤血球となるのですが、赤血球自体が音波を出しているわけではありません。なので、ドプラ法では超音波を赤血球に送信し、そこからの反射波が周波数変化を起こしているかどうか? そして、周波数変化を起こしているのであれば、どのくらいの変化を起こしているか?を観測することで移動しているのか? 移動しているのであれば、速度はどのくらいなのか? ということを測定しています。動いていないものは、周波数変化がゼロ。スピードが遅いものは、周波数変化が少なく、速く移動しているものは周波数変化が大きくなります。そこで、ようやく質問への回答なのですが、上述した「送信波の周波数と反射波の周波数の差」つまり周波数がどのくらい変化したのかを「偏移周波数」といいます。ですから、移動速度が遅ければ「偏移周波数は少なく(小さく)」、移動速度が速いと「偏移周波数は多く(大きく)」なります。

関連ページ

音響インピーダンス?
難しい医用超音波の基礎工学を簡単に解説するサイトです。超音波検査の原理や装置の仕組みについての説明。
超音波装置 ズーム機能
難しい医用超音波の基礎工学を簡単に解説するサイトです。超音波検査の原理や装置の仕組みについての説明。
疎密波とサインカーブ
難しい医用超音波の基礎工学を簡単に解説するサイトです。超音波検査の原理や装置の仕組みについての説明。