超音波の基礎原理を学ぼう!

超音波の熱的作用

超音波は生体内で吸収されて減衰する。超音波が減衰する過程では、超音波のパワーが熱に変換される。つまり超音波診断を実施すると熱が生じるということである。

TI(thermai index)

超音波の熱的な安全性の指標に「TI(thermai index)」があり、TIは生体内組織の温度を1℃上昇するのに必要な出力に対する全超音波出力の割合をいう。

関連ページ

MI:メカニカルインデックス
MI値について:医用超音波の基礎工学を簡単に解説するサイトです。超音波検査の原理や装置の仕組みについての説明。
電気的安全性
超音波の電気的安全:医用超音波の基礎工学を簡単に解説するサイトです。超音波検査の原理や装置の仕組みについての説明。