超音波の基礎原理を学ぼう!

多重反射

超音波が平行に向かい合った狭い反射体同士の間で何回も反射を繰り返すことによって発生するアーチファクト。発生源の後方に等間隔で幾重にも画像化してしまう。彗星の尾の部分に似ていることから「comet tail echo」と呼ばれるアーチファクトも多重反射が原因となって発生するアーチファクトの一つである。

comet like echo

多重反射によるアーチファクトは血管や胆嚢等のような正常では内腔に反射が見られない構造物内に発生すると診断の妨げとなることも多い。またcomet-like echoのように間接的に診断の補助となることもあり、発生原理は理解しておきたいアーチファクトの一つと言える。


関連ページ

サイドローブアーチファクト
サイドローブアーチファクト:医用超音波の基礎工学を簡単に解説するサイトです。超音波検査の原理や装置の仕組みについての説明。
鏡面反射(ミラーイメージ)
ミラーイメージ:医用超音波の基礎工学を簡単に解説するサイトです。超音波検査の原理や装置の仕組みについての説明。
音響陰影と後方エコー増強
ASとPEE:医用超音波の基礎工学を簡単に解説するサイトです。超音波検査の原理や装置の仕組みについての説明。
屈折によるアーチファクト
屈折が影響するアーチファクト:医用超音波の基礎工学を簡単に解説するサイトです。超音波検査の原理や装置の仕組みについての説明。